浸透力の高さ

まつげのメイク中の女性

ビーグレンは、アメリカの博士が開発した化粧品です。この博士はもともとは、ガンの治療薬を患部にしっかり浸透させることを研究していました。しかしある日、肌トラブルに悩む妻が使用している化粧品の成分表を見て、研究中の浸透技術を化粧品にも応用できると考えました。そして、妻のために美容成分の浸透率の高い化粧品を開発したのです。妻が使用したところ、短期間で高い効果が出たため、商品化することにしたわけです。 これは1990年代のことですが、ビーグレンの効果の高さは徐々に広まっていきました。そして2007年になって、日本でも販売されるようになったのです。スキンケアに力を入れている日本人女性は多く、ビーグレンは日本上陸後、たちまち話題となりました。

肌は皮脂でコーティングされています。そのためその上から美容成分を与えても、皮脂によってはじかれてしまいます。しかしビーグレンに配合されている美容成分は、特殊なカプセルで包まれています。そのため皮脂を通過して、肌の奥深くにまで浸透していくのです。 美容成分は、カプセルで包まれたまま肌の奥底に到達します。つまり肌表面につけた段階では、カプセルに包まれている状態というわけです。使用しても肌表面を刺激することがないので、刺激を受けやすい敏感肌の人でも、安心して使用することができます。 現在の日本では、効果の高い安全な化粧品を求める声が増えています。そのため浸透率と安全性の高いビーグレンは、今後ますます使われていくことになると予想されています。